2010年08月12日

FF14とか

長いアップデートを終えてFF14を起動したらぼくのHD5770が今まで聞いたこともないような甲高い音を出したんです
(愛知県・36歳・会社員)



こんにちはぬ。ネコでう。
今日の夜から変なところにいって変なものを買ったり、バカな親にクソ暑い中クソ暑いコンクリ箱物に連れていかれる幼女の身を案じたりしてきます。

さて、FF14の話はもういいじゃないか。
あいつはよくやったよ。なぁ母さん。


というわけでFF11ですが、メイジャン二個目、ペット魔命中を作り始めたのだよ。IV系精霊も、フルで入れば黒と同等のダメージが出る事はカエルアビセア乱獲で分かった。ストーンVで1400くらい。

ただそのフルで入る事があまりない。これは困りものです。
それを補う装備としては以下になるのかね。


・タイパン…ペット魔命+12
・石夢胴…ペット魔攻+7/ペット魔命+7
・パンタン足…ペット魔攻+5
・シャントット脚…ペット魔命+7


装備によるペット魔命+26
トランキライザー氷1で魔命+30(らしい)
ということは通常魔命は+56くらいまでいけるのか。

魔命をフルブーストした本職黒ってどれくらいまでいくんだろか。
posted by 春吉 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記

2010年08月09日

たいぱん

こんにちは。ねこです。
最近はピンクのアレにセリーズをコーディネイトして街を歩いているの。褐色の肌にふさふさの尻尾。街行くオスは私に釘付けよ。

まぁ中身はキモヲタだがな


タイトルにあるようにタイパンファング(ペット氷)を完成させましたのよ。で、おそらくからくりであればD値の後に通る道であろうので、参考になるかわかりませんがルートを書いてみますよ。


No82 キャッツクロー
スケルトン族 50匹、火氷風土雷水光闇天候時
LV50シンクしてザルカ入り口で骨祭りオススメ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
No116 キャッツクロー
クロウラー族 50匹、氷土水闇天候時
シンクしてロラン(パシュ寄り畑)で芋虫オススメ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
No117 キャッツクロー
種族指定なし 50匹、氷天候又は曜日時
ウ ル ガ ラ ン トラ ウサギ
殲滅戦
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
No118 キャッツクロー
アモルフ類 75匹、氷天候又は曜日時
ウ ル ガ ラ ン 洞窟ミミズ
アクコウモリいますがこれはNo121で利用します

−−−−ここからペットどめ−−−−

No121 キャッツクロー
バード類 75匹、ペットで止め、氷天候又は曜日時
ウ ル ガ ラ ン 洞窟コウモリ
ここでバード類たるコウモリを利用しますよ
哺乳類なのにね

射撃マトンで腹話術駆使して
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
No122 キャッツクロー
ゴースト族 150匹、ペットで止め、氷天候又は曜日時
フェイン 
キャシー広場の3匹 ゴリアテ通路の3匹
シャドウ部屋通路の2匹

たまに練習が混ざる→気にせず殺れ
その練習処理が後ほど貴様のタンパンを完成させる

これらをローテーションで

黒マトンなら精霊2発で蒸発
からくりの常識である、腹話・ディアクを駆使すればノンストップ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
No1172 キャッツクロー
アンデッド類 150匹、ペットで止め、氷天候又は曜日時
フェイン
シャドウ部屋のシャドウ 8匹
たまに(旧)クロカン・エウボウ狙いのおっちゃん達が殲滅してるので、そんなときはあきらめてアビセアでもいってなさい

白兵ボンクラで800くらいいける
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
No1173 タンパンファング
ラプトル族 200匹、ペットで止め、氷天候又は曜日時
ウ ル ガ ラ ン
最初の坂の広場を東に抜ける(迎え火の道)とらぷとる広場
ここは別のメイジャンノックもあるので、たまに混むけどフィールドリポップ5分の前では特に問題にい

相手は麻痺とスロウ持ち
白兵にイレーザー付けて

氷天候のため麻痺は回避不可なので色々諦めなさい
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

こんな感じで一週間もあれば達成できるでしょう。
ド廃なら4日くらい?

まぁわたくしは一ヶ月くらいかかりましたガ。


で、効果のほどは?というと
さほど実感できねぇ
マルクをペット魔攻魔命で作り直して初めて輝く代物でしょう。

後ほどバカみたいなのが追加されるはずなのでその布石と考えて作るのがよろしいわ。
posted by 春吉 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記